ホーム » 賢者の名言 » 目の前の一段をのぼる

まごころブログ

目の前の一段をのぼる

新しい一年が始まり2週間近くになりました。
元旦には「一年間の計は元旦にあり」と色々な計画を建てた事でしょう。
三日坊主も過ぎ、挫折している頃かとも思います。どうですか?
大きな目標も小さな一歩からです。

今日は、キング牧師の言葉からです。アメリカ公民権運動の指導者で、非暴力抵抗運動の先頭に立って闘いましたが、志半ばで凶弾に倒れました。黒人の選挙権を求めて行ったデモ行進は、およそ3万人に膨れ上がり、世界を大きく変えるきっかけとなりました。

こんな言葉を遺しています。「長い階段をのぼるとき、その階段の全てが見えなくてもいいのです。大事なのは、目の前にある一段をのぼることです。」先のことを思い悩むより、まずは「一歩踏み出す」。そして、「目の前にある一段をのぼる。」
身近なこと、できることから始めると、そこから、新たな出会いや展開が生まれるかもしれません。

さあ、始めましょう!

king.jpg