ホーム » 真心の動物たち » パトが見つかりました

まごころブログ

パトが見つかりました

残念ながら一人旅立ってしまいました。
終のすみかとして選んだのは納骨堂のうらにあるペットハウス。

pethouse.jpg

いつも使っているパトハウスではなくペットハウスでした。
13年前、残ったクレと一緒に箱に入れられて置いていかれた二人。
二人とも仲が良くクレオ・パトラと名付けました。
クレは人懐っこく社交的で、パトは引っ込み思案で人見知り。
置いていかれた二人にとってはきっと安住の13年間だった事でしょう。
いつも毛づくろいしてから寝る二人。ほんとうに仲が良かったです。

猫にとっては、仲の良いきょうだいと、大切にしてくれる飼い主と、毎日の美味しい食事と、
心に優しいすみかがあれば幸せです。
だからこそパトは、静かに終のすみかにみんなのいる納骨堂を選んだのでしょう。
実は、寂しがり屋さんだったのかな?
そして、見つけてほしいから納骨堂の裏のペットハウスを選んだのでしょう。

追記:パトのブログやフェイスブック、チラシに使った写真を作り終えたので
    整理しようとしたのですが、何度やっても出来ませんでした。
    きょう、フォルダーを開いたらいつの間にか移動していました。
    見つけてもらえたので安心したのかな?
    猫には、本当に不思議な縁とチカラがあるものです。

最後に「来てくれて、ありがとう」パトの分、残ったクレを大事にするからね。   

                                        合掌

追記2:パトは、霊安室に安置していて、葬儀日程は22日(金)を予定してます。 
     お線香をあげに来てくれた方々、本当にありがとうございました。

pato1.jpg