ホーム » 賢者の名言 » 101パーセントを求めるのがアスリート

まごころブログ

101パーセントを求めるのがアスリート

                          伊達公子(テニスプレイヤー)

女子テニスの伊達公子さんが現役を引退しました。1990年代、まだ世界を舞台に戦う日本人アスリートが少ない中で、トッププレーヤーとして活躍。26歳で一旦引退したものの、37歳で現役に復帰して、およそ10年間プレーしました。

引退記者会見では、

「今自分ができることを最大限やったという思いはあります。常に101パーセントを求めるのがアスリートだと思うので、私はできるだけ常に100パーセントを求めてやってきていたので、後悔もしないし、それだけの思いはあるかなと思います。」

100パーセントの、そのまた上。101パーセントを求める。常に結果を求められるアスリートの世界。その厳しさは想像もつきまません。だからこそ、アスリートの言葉には「力」があるのかも。「賢者の名言」今日の言葉は・・・「101パーセントを求めるのがアスリート」さあ、"今日"という未来に向けて、スタートです!

date2.jpg

date1.jpg

              明日が素敵な一日になりますように!